4月21日

こんばんはー
今日は、シリコン入りシャンプーと

ノンシリコンシャンプーの違いを

この記事を見るみなさんと

一緒に勉強していきたいと思います。
市販のシャンプーは

シリコン入りが多くて

美容室はノンシリコンですよね

 

シリコン入ってるから悪いのかな?

って思う方もいると思います。

でもシリコンは悪いものでは無く

ただ、シャンプーには不必要なのです。

シャンプーは汚れを落とすのがメイン
なんで市販のシャンプーに

シリコンが入ってるか??
市販のシャンプーは

洗浄成分が”非常に強く”

髪にも頭皮にも負担をかけてしまう
シリコンが入ってることで

髪の広がりを抑えて

手触りをよくしているのです。

でもシリコンが入ってることで

髪の毛を補修はしていません

ただ、表面をコーティングしてるだけ

なので、パーマとかが

かかりにくくなったりします。

あと、毛根や毛穴に詰まって

栄養をいきにくくして

髪の毛が弱っていくのもあります。
美容室のシャンプーは

ほとんどがノンシリコンシャンプー

洗浄成分がアミノ酸系なので

髪にも頭皮にも優しい

髪も広がったりしないので

安心してシャンプーができます。

シリコンがはいってないので

ペッタンこにもならない

洗い上がりが軽やか
でも、市販のシャンプーでも

ノンシリコンってありますよね?

そのシャンプー使ったら

安心って言うわけではないです

洗浄成分がちがうので

気をつけてください!
知識を身につけ

身体により良い物を使っていきましょう!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>